英語をしっかり聞き取るために必要なスキル

読み書きだけが英語じゃない!聞き取る力も身に付けてコミュニケーション能力アップ

英語習得の最初の一歩は聞き取る力です

当然のことですが、聞き取れるようになるためには聞くしかありません。 しかしただ流して聞くのと聞き取ろうとして耳を傾けるのとでは、習得のスピードが大きく違ってきます。 効率良く聞き取る力を付けたいのなら、一日一文でもいいので何度も繰り返して聞くのがおすすめです。

模倣による習得は高い効果が期待できます

学校で英語を習いたての頃、先生が言った単語や文を後に続いて声に出した記憶はありませんか? あの方法は特に子ども向けというわけではなく、聞き取りを強化するにはとても有用なのです。 聞いた英文を自分の声で繰り返すことによって、より注意深く聞き取れるようになります。

単語や文構造の理解は聞き取るために欠かせません

聞き取りへの抵抗がなくなってきたら、あとはこれまでに培ってきた単語や文法の知識がものを言います。 学校での内容が思い出せないのであれば、復習するかもう一度勉強し直しましょう。 単語の暗記からスタートしてもいいし、聞き取った英文に出てきた単語の意味を調べてもかまいません。

曲の歌詞を耳コピでマスターするような気持ちで

国際化の波が押し寄せるのに比例し、日本の英語教育の在り方もまた議論の対象となっていました。
学問としての英語だけでは通用しないという認識が一層強くなり、現在も様々な試みが行われています。
読み書きだけではなく、生きた言語としてコミュニケーションに活かすことを考えなければなりません。

ALTの配置や英語検定・TOEICの推奨など、教育現場は実践的な英語を取り入れようと工夫しています。
しかし実際は、何年も英語を勉強していても会話ができる程度まで身に付いている人は非常に少ないです。
外国の人々があっという間に母国語以外の言語を習得するのに比べ、日本人はかなり苦戦しています。
このように違いが出るのはなぜなのでしょうか?現在の勉強法に何が足りないのでしょうか?

原因の一つとして考えられているのが、英語の聞き取りに慣れていないということです。
覚えた単語や文法を使って文章を作るくらいなら、ある程度勉強していればできるようにはなります。
しかし言語はコミュニケーションを取るためのものであり、相手の話を聞き取れなければ成立しません。
聞き取り能力を向上させるのは、言語習得にとって必要不可欠であり最優先事項です。

このサイトでは、英語を聞き取るためにはどうすればいいのかについて、何度も繰り返して聞くこと・聞いたものを自分で真似して声に出すこと・聞き取った内容の意味を理解することという具体的な三つの方法を紹介します。
最初は面倒に感じられるかもしれませんが、地道な努力は最大の近道ですので今後の参考にしてください。